その他

10月30日(火)、北海道胆振東部地震災害に関する募金を瑞穂区社会福祉協議会へ寄付させて頂きました。過日、本校で実施した募金活動と9月に行われた文化祭の模擬店収益の一部を合わせて、¥281,663となりました。写真は事務局長の田端敬則様へ生徒会執行部よりお渡しした様子です。1日も早い復興を願いつつ、本校では今後もこのような募金活動を継続していきます。



10月20日(土)、21日(日)に本校生徒が第64回名古屋まつり学生ボランティア「NGM48」に参加しました。20日(土)はアーチェリー部、女子バレーボール部、21日(日)は生徒会役員がボランティアスタッフとして歴史あるお祭りのサポートをさせて頂きました。参加した生徒からは「来場された方々の笑顔にやりがいを感じた」、「裏方の人がいて行事が成功することを改めて学んだ」と感想がありました。今回の活動のみならず、これからも積極的にボランティア活動へ取り組んでいきます。


 8月4日(土)、愛媛県新居浜市で開催された「全国選抜高校生溶接技術競技会in新居浜」に中部地区(愛知県、岐阜県、三重県、静岡県)代表として3年12組 石黒 健太、3年14組 蛭澤 昂輝が出場しました。
 全国の技術レベルは非常に高く、残念ながら入賞はできませんでした。しかし、大いに触発された生徒たちは、10月に控えている愛知県大会に向け、そして来年度再び全国大会への切符を勝ち取るべく練習を再開しました。
 今後も応援宜しくお願い致します。



7月17日(火)、自画撮りによる被害に遭わないことを目的とし、「高校生!自画撮り被害防止サミットinあいち」(昭和区役所)に生徒会の生徒16名が参加しました。
グループワークや講演を通して、自画撮り被害の防止について真剣に考える場となりました。


7月5日(木)、名鉄堀田駅改札付近で本校生徒会役員生徒が「夏の青少年をまもる運動」街頭キャンペーンに参加しました。この運動は夏休みを控えた児童・生徒を犯罪から守り、非行を防止する目的で行われています。本校生徒も通行人の方々へ啓発用品を配布し、呼びかけを行わせて頂きました。